オワタロウのヨタ話

ゲーム、マンガ、アニメ、その他おもしろ情報を発信するブログです。

ドラクエ1の''もしも"の世界 ドラゴンクエストビルダーズ

こんにちは。オワタロウです。

今回はゲームからドラゴンクエストビルダーズを紹介していきます

 

f:id:rokuchan2010:20180603235804j:plain

   【勇者なき闇の世界】

この作品には勇者と呼ばれる存在がいません

主人公はビルダーという物作りの能力に特化した存在で、勇者ではないのです。

 

勇者が人間を裏切って魔王側についた世界

世界は魔王の支配下にあり、人間たちの文化レベルは最低レベルまでに落ちてしまっています。

街はなく、人々は道具の作り方すら忘れ、その日暮らしでなんとか生き延びている

それがドラゴンクエストビルダーズという世界なのです。

 

f:id:rokuchan2010:20180604000135j:plain

上の画像はメルキド。かつての面影すらありません。

 

    【アレフガルドを復活せよ!】

 本作は本家のRPGとは違いマインクラフトのようなサンドボックス系のゲームになります

ブロックやアイテムを使って拠点を作り、街を作り、アレフガルドというドラゴンクエスト1の世界を再生していく必要があります

戦闘もこのブロックを置けるという特性を生かして、敵の不利な位置関係から攻撃したりと工夫が必要になってきます。

f:id:rokuchan2010:20180604000417j:plain

 

めんどくせえ!と思う方もいるかもしれませんがマインクラフトに比べると初心者向けに設計されており、初めてでも楽しめるものに仕上がっていますよ

 

メルキドから始まり、リムルダール、マイラ・ガライヤ、そしてラダトームを復興していく流れはドラクエ1を知る方ならとても熱くなるものがあるでしょう

 

土地ごとに物語の色も少しづつ違っていて、飽きさせないストーリー展開になっています

リムルダール地方での話は展開が重く、竜王の恐ろしさを感じさせる一方で、次章のマイラでは温泉があるからか陽気な荒くれたちとの復興物語だったり。

f:id:rokuchan2010:20180604023235j:plain

いや、気づけよって感じの一枚。

 

終章のラダトームの絶望感とそれをかき消すほどのフィールドBGMの熱さは最高としか言いようがありません。

 

【すべてはあなた自身の選択のままに】

主人公は勇者ではありません。

主人公の使命はあくまでアレフガルドの再生であって、竜王を討伐して世界に光をもたらすことではないのです

 

勇者がいた頃のアレフガルドの状態に戻し、伝説の装備を作り直し、新たな勇者の誕生まで、何年も何百年も待ち続ける。

それが勇者以外の者に与えられた使命で、主人公が精霊ルビスから与えられた役割だったのです。

 

主人公がその役割を否定してビルダーという役割を超えて竜王討伐へ動き出す展開はかなり熱いものがありますよ

f:id:rokuchan2010:20180604003552j:plain

 

ロトシリーズをやったことのある人には文句なしにオススメ!】

Minecraftドラクエだしストーリーが微妙でもドラクエの世界観を好きに作れるならいいかなーくらいの感覚で買った本作でしたが、予想外にシナリオの出来が良くて驚かされました

それこそ下手なナンバリングより面白くね?というレベルで

私自身がロトシリーズが好きということもあって評価が高くなっている感はありますが、これ単体でも楽しめるくらいの出来になっていると思います

現在、続編も開発中とのことですので、やるタイミングとしては今はちょうどいいかもしれませんね

 

123をやったことがある人には特におすすめです!

いろんなところにネタが仕込まれていて本当に面白いですよ!

f:id:rokuchan2010:20180604011415j:plain